企業年金基金事業内容
ホーム
基金年金制度のしくみについて
厚生年金とは?
民間の会社に勤める人を対象に、昭和19年にスタートした公的年金制度です。
その後、昭和36年に自営業者等を対象にした「国民年金」が創設され、昭和61年4月からは国民年金が運営する、全国民共通の基礎年金制度が導入されました。このことにより、厚生年金の加入者は同時に国民年金にも加入しています。(国民年金の第2号被保険者)
厚生年金基金とは?
昭和41年に導入された企業年金制度の一つで、企業が「厚生年金基金」という公法人を設立し、厚生年金の一部を国に代わって支給すると共に、企業独自の年金を上乗せして支給する制度です。
東洋紡では、昭和44年7月に「東洋紡績厚生年金基金」を設立しました。
企業年金基金とは?
確定給付企業年金法に基づく企業年金制度で、厚生年金の代行部分を持たない純粋な企業年金です。
東洋紡では、平成17年3月31日に「代行返上」の認可を受け、従来の厚生年金基金に代わって新たに「東洋紡績企業年金基金」としてスタートしました。東洋紡の企業年金基金は、退職金移行給付がメインであり、東洋紡の退職金の一部を保全・支給する機関です。平成24年10月1日から「東洋紡企業年金基金」へ名称変更しました。
厚生年金と東洋紡の厚生年金基金・企業年金基金の関係
厚生年金基金・企業年金基金の関係
基金の加入者資格
厚生年金基金では、厚生年金保険の被保険者はすべて基金の加入員となっていました。
企業年金基金でも、厚生年金基金と同様が原則ですが、東洋紡の企業年金基金は「退職金の一部を保全・給付する」役割であることから、東洋紡では退職金の支給対象者である、社員のみが加入者になります。
基金の掛金について
東洋紡の企業年金基金は「退職金の一部を保全・給付する」役割であることから、東洋紡では掛け金は全額会社が負担しています。
基金から支給される年金

・平成29年3月30日までに退職された方
平成29年3月31日以降に退職された方

東洋紡企業年金基金の概要
1.所在地
  〒530-8230
  大阪市北区堂島浜ニ丁目2番8号
  TEL 06-6348-3274 FAX 06-6348-4268
2.設立年月日
  昭和44年 7月 1日 東洋紡績厚生年金基金
  平成17年 3月31日 東洋紡績企業年金基金
  平成24年10月 1日 東洋紡企業年金基金(名称変更)
ページのトップへ